おすすめ記事
【2022年最新】ハモの値段相場はどれくらい?旬の時期・人気の調理方法もご紹介

そもそもハモってどんな魚?

ハモとは、ウナギ目ハモ科に属する魚の一種です。

全長1mほどの細長い身体に、大きく裂けた口と鋭い歯を持っていることが特徴です。

「ハモ」はかつては「ハム」と呼ばれ、この特徴が名前の由来となっています。

諸説ありますが、大きな口を持つことから「食む(はむ)」、もしくは蛇に似ていることから蛇の方言「ハム」と呼ばれ、時代を経て「ハモ」に変わったといわれています。

ハモは、日本では「鱧」という漢字が使われますが、中国で「鱧」と表現される魚は雷魚の一種であり、日本で食べられているハモとは違う魚ですので注意が必要です。

なお、中国語のハモは「海鰻」と書きます。

ハモと同じウナギ目には、ウナギ・アナゴ・ウツボ・チンアナゴなどが属しています。

すべて細長い魚ですね。

ちなみに、ハモとウナギでは、ウナギの方が値段が高いそうです。

ハモの主な産地は兵庫県、徳島県、大分県などです。

ハモは暖かい海を好むため、日本では西日本を中心に漁獲されています。

京都や大阪では夏の風物詩とされ、京都の祇園祭は鱧祭りとも呼ばれます。

料亭では高値で提供されている高級魚です。

ハモの値段相場はいくら?

高級魚の印象が強いハモですが、実際に購入する場合、価格はどのくらいなのでしょう。

ここでは、スーパーマーケット・通信販売・豊洲市場での価格をご紹介します。

ハモのスーパーマーケットでの価格

ハモの産地である西日本では、ハモは身近な魚として扱われています。

ハモの切り身や湯引きは7月頃からスーパーマーケットに並び、そんなに高い値段ではありません。

ハモは小骨が多いため、調理の前に骨切りという作業が必要です。

料亭などでハモが高い理由の一つは、職人さんが丁寧に行う骨切りの技術料だといわれています。

スーパーマーケットで売られているハモは機械が骨切りを行っていることが多いため、安い値段で提供されているのです。

一方、東日本ではなかなかお目にかかれない魚であり、店頭で見かける機会は少ないでしょう。

ハモの通信販売での価格

1匹まるごとの販売の場合、2,800円~8,000円となっています。

産地や大きさで値段が変わるほか、骨切りの有無によっても値段に差がでます。

切り身で売られている場合は、1kg4,000円前後のようです。

ハモの豊洲市場での価格

2022年1月時点では、ハモは1kg996円で取引されています。

ハモの平均卸売価格が最も高い6月は1kgあたり2,000円~2,500円、最も低い1月は1kgあたり950円程度です。

2021年1月はハモの価格があまり下がりませんでしたが、基本的に冬場は安く、夏の前後で高値となるようです。

ハモの旬の時期はいつ?

ハモの旬は年に2度あるといわれています。

一度目の旬は6月~7月、二度目の旬は10月~11月です。

ハモは8月頃に産卵期を迎えるため、一度目の旬は産卵直前の脂がのった時期、二度目の旬は産卵後の体力が回復した時期と重なります。

産卵期の8月と産卵直後の9月は身が瘦せているため味が落ち、旬の時期に比べると値段もやや安くなっています。

ハモはどのような調理方法で楽しむことができる?外食の値段は?

料亭で高値で提供されているハモは、高級魚のイメージが強い魚です。

実際にハモを入手した場合、どのような調理をすると美味しくいただけるのでしょうか。

ここでは、ハモの美味しい食べ方と、外食時の料金をご紹介します。

ハモの湯引き

ハモといえば湯引きです。

サッと茹で、しっかり氷水で冷やすことで、上品な白身の味わいが際立ちます。

酢味噌や梅肉を付けて食べてみてくださいね。

ハモは血中に毒があり、この毒を不活性化させるために火を通す必要があります。

それに加え、ハモは独特の臭みがあるため刺身には適していないのです。

そのため、ハモの一番手軽な食べ方は湯引きであるといえるでしょう。

ハモの湯引きは、居酒屋でも提供されることがあります。

居酒屋で提供されるハモの湯引きの値段は、1人前1,000円前後が多いようです。

ハモの天ぷら

ハモは天ぷらにするとホロホロとした食感になり、湯引きとは違った美味しさが楽しめます。

ご自宅で調理する際は、ハモの表面に梅肉を塗ったものを天ぷらにしても美味しいですよ。

ハモの天ぷらをお店で食べる場合、1人前800円~となっています。

京都の錦市場の名物は、ワンコインで食べられるハモの天ぷらです。

高級魚が500円で食べられるとは、驚きですね。

錦市場では天ぷらのほかに、ハモの寿司やカツなどがリーズナブルな値段で提供されています。

ハモの値段についてまとめ

いかがでしたでしょうか?
今回、サカマでは以下のトピックについてご紹介してきました。

  • そもそもハモってどんな魚?
  • ハモの値段相場はいくら?
  • ハモの旬の時期はいつ?
  • ハモはどのような調理方法で楽しむことができる?外食の値段は?

サカマでは、魚に関する様々な情報をご紹介しております。
よろしければ、ぜひ他の記事もご覧ください!

また、サカマアプリを利用すれば、実際に鮮魚を漁港から直接手に入れることもできます。
ぜひ、この機会にご利用ください。

iPhoneの方はこちらからダウンロード

Androidの方はこちらからダンロード

全国の魚がアプリで買える「サカマアプリ」

全国各地の漁港から直送の魚介は鮮度抜群!なかなか通常では手に入りづらい、産地でしか消費されないレアな鮮魚や貝などもスマホ一つであなたの家にお届け!
今日水揚げされた魚が、最短で明日の午前中にはお手元に!
自宅でも鮮度の良い魚を使いたい!漁師さんを応援したい!プロが扱うような魚を扱ってみたい!など様々なあなたのニーズにお応えします。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事