おすすめ記事
【2021年最新】アイナメの値段相場はどれくらい?旬の時期・人気の調理方法もご紹介

そもそもアイナメってどんな魚?

アイナメとは日本各地の沿岸で見られ、珍しくはありませんが、スーパーなどではなかなか見られることのない高級魚です。

アイナメは東京での呼び名で、漢字で書くと「鮎並」と書き、これは姿かたちが鮎に似ていることや、鮎のように強い縄張り意識を持っていることからこの名前になったといわれています。

ちなみに、広島では「モミダネウシナイ」と呼ばれており、「百姓が稲の種になるモミダネを売ってでも食べたい」という故事が由来となっています。

アイナメは成長すると、通常30~40cmくらいになりますが、大きいものだと60cmもの大きさになります。

また、アイナメはイクメンの魚としても知られており、産卵後オスが卵を守る少し変わった魚でもあります。

今回は、そんなイクメン魚アイナメの値段や手に入れる方法を紹介していきます。

アイナメの値段相場はいくら?

アイナメは通年流通しており、庶民的な魚かと思われがちですが、なかなかの高級魚です。
豊洲市場での1キロあたりの卸値は3月と9月の価格が高く、2021年3月は1,349円、9月は1,216円でした。

しかし、2019年3月の1,788円と比較すると、安値になっています。

通年流通しているので、年間の価格の変動はそれほど大きくなく、その値段はやや高めです。

アイナメはいったいいくらで手に入れられるのでしょうか。

アイナメのスーパーでの値段相場

アイナメは全国で知られる魚ですが、スーパーで見られることはほとんどありません。
なぜなら、もともと根魚で群れないため漁獲量が少ないうえに、水揚げされたら料理店などに出荷されるからです。

それでも、漁港に近いスーパーや魚屋では見られることもあり、活き締めの20cm~30cmのもので1キロあたり2,000~3,000円ほどの値段で販売されています。

野締めのものだと値段が下がり1キロ1,000~1,500円ほどで手に入ることもあるようです。

アイナメのインターネット通販での値段相場

アイナメをスーパーよりも確実に手に入れられる方法がインターネット通販です。
インターネット通販のほうが産地直送のものも多く、大きさや量を選べ、確実に手に入れられます。

サイト大手の楽天での値段は、1キロ40cmで2,500~3,500円、小さなサイズの400グラム20cmくらいのものだと500円ほどで販売されています。

お食い初めなど必要な時期がわかっているときは、インターネット販売を活用しましょう。

また、飲食店専用仕入れサイトは獲り方で値段の幅があり、同じ1キロでも釣物は2,000~3,500円、定置網で獲ったものは800~1,000円で販売されています。

アイナメの旬の時期はいつ?

アイナメの旬の時期は産卵期に向けてエサをよく食べている夏です。

しかし、寒くなってからのほうが岩場などで釣りやすくなることから、冬が旬といわれることもあります。

年間通して獲れるものの、漁獲量が少ないうえに料理店の需要が高いことから、年中値段が高いようです。

アイナメはどのような調理方法で楽しむことができる?外食の値段は?

アイナメは白身で、高たんぱく、低脂肪、低カロリーとカラダにうれしいこと三拍子がそろっています。

淡泊すぎない味で、食感は粘りのある弾力が特徴で、刺身はもちろんのこと、焼き・煮つけ・唐揚げ・吸い物・鍋物などさまざまな調理方法で食べられます。

また、アイナメの卵は身と分けずに、焼いたり、煮たりと身と一緒に調理することができます。

刺身

アイナメは鮮度が落ちやすい魚ですが、活き締めであれば刺身でも5日くらいは食べられます。
刺身にすると、食感はコリコリとしていて歯ごたえがあり、アイナメの味を楽しむには一番の調理方法です。

アイナメは皮と身の間にもしっかりとしたうまみがあるので、ただの刺身だけではなく皮を残してあぶった焼霜づくりも皮の香ばしさがプラスされ、より一層おいしく楽しめます。

東京でアイナメの刺身を料理店で注文すると、時期にもよりますが950~1,500円くらいの料金で食べられます。

煮付け

アイナメを煮付けにするときは、ウロコとはらわたを取って小さなものであれば、姿のまま煮つけにしましょう。

アイナメは骨が細かいですが、若魚であればまだ骨がやわらかいので、小骨は食べても大丈夫です。
煮付けは大きさで変わってきますが、東京の料理店で食べようと思うと1,000円~2,500円くらいと刺身比べると料金に幅があるようです。

名前は知られているけれど、なかなか手に入れるのは難しそうなアイナメ。

東京以外にも全国で料理を出しているお店はたくさんあるので、「たまには贅沢を」というときに食べてみるのもいいですね。

アイナメの値段についてまとめ

いかがでしたでしょうか?
今回、サカマでは以下のトピックについてご紹介してきました。

  • そもそもアイナメってどんな魚?
  • アイナメの値段相場はいくら?
  • アイナメの旬の時期はいつ?
  • アイナメはどのような調理方法で楽しむことができる?外食の値段は?

サカマでは、魚に関する様々な情報をご紹介しております。
よろしければ、ぜひ他の記事もご覧ください!

また、サカマアプリを利用すれば、実際に鮮魚を漁港から直接手に入れることもできます。
ぜひ、この機会にご利用ください。

iPhoneの方はこちらからダウンロード

Androidの方はこちらからダンロード

全国の魚がアプリで買える「サカマアプリ」

全国各地の漁港から直送の魚介は鮮度抜群!なかなか通常では手に入りづらい、産地でしか消費されないレアな鮮魚や貝などもスマホ一つであなたの家にお届け!
今日水揚げされた魚が、最短で明日の午前中にはお手元に!
自宅でも鮮度の良い魚を使いたい!漁師さんを応援したい!プロが扱うような魚を扱ってみたい!など様々なあなたのニーズにお応えします。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事