【2022年最新】キジハタの値段相場はどれくらい?旬の時期・人気の調理方法もご紹介

そもそもキジハタってどんな魚?

キジハタとはハタ科の魚でアカハタやマハタと同じ仲間で高級魚です。
キジハタの幼魚はすべてメスで、40センチ以上に成長するとオスに性転換します。
ハタ科の中でも低い水温に強い魚で、青森以南の日本海側や瀬戸内海の岩礁帯に生息しています。

キジハタの特徴は全体的に赤褐色で、オレンジ色の小さい斑点が広がっています。
名前の由来は、キジハタの目の色のグリーンとキジの羽のグリーン(キジ色)と似ているためです。

一般的にはキジハタと呼ばれていますが知名度の高い関西では「アコウ」と呼ばれ、他にも地域によってさまざまな呼び名のある魚です。

キジハタのわかりやすい画像はこちらです。
https://www.instagram.com/p/CVPDniqpU91/

キジハタの値段相場はいくら?

高級魚であるキジハタの値段相場が気になりますね。
次はそれぞれの値段相場にわけてご紹介いたします。

市場でのキジハタの値段相場

2021年では2,500円~3,500円ほどで取り引きされていました。
キジハタの一般的なサイズは25cm~40cmで最大60cmほどまで成長する魚です。

個体差もありますが、1kgのキジハタの値段相場は約40cm~45cmで3,000円ほどです。
こちらの場合は活き締めの価格で、活魚の場合は同じサイズでも5,000円~7,000円と価格がとても上がります!
そしてキジハタに限らず魚全体の特徴として、大きい魚になればなるほど値段が上がっていきます。

20cm~25cmのキジハタの値段相場

20cm~25cmのキジハタは400gに満たないとても小ぶりなサイズです。
このサイズのキジハタですと塩焼きや煮付けにするのがオススメです。
小ぶりですが1キロあたりの値段相場は2,000円~2,500円ほどするので、さすが高級魚といった値段といえます。

30cm~35cmのキジハタの値段相場

30cm~35cmのキジハタは1kgに満たない大きさです。
一般的によく見られるサイズで、このあたりからお刺身でいただいても美味しく召し上がれます。
値段相場は3,000円~3,500円ほどです。

40cm・50cm・60cmのキジハタの値段相場

40cmを超えるキジハタは1kg以上の大きさになります。
・40cm~50cmで1,5kg前後 1kgあたり5,000円~10,000円以上
・50cm~最大サイズの60cmで約2kg 1kgあたり15,000円~20,000円以上

キジハタが40cmを超えるまでに成長するには、個体差もありますが5年~10年もかかります。
そして大型のサイズになると脂ののりもよくなり、値段が跳ね上がる理由の一つといえます。
このサイズのキジハタは一般の市場では出回らず料亭や旅館と直接取り引きをされていることが多いので、なかなかお目にかかることができません。

スーパーでのキジハタの値段相場

大型サイズのキジハタは高級店でしかお目にかかることができませんが、小型サイズですとスーパーで販売しています。
関東ではあまりなじみがありませんが、大阪のスーパーでは販売しているとYahoo!知恵袋の中でコメントがありました。

・25センチほどのアコウ(キジハタ)が4匹で700円
・30センチのサイズのお刺身用で980円

小型ですと破格の値段で取り扱いもあるようですが、やはり大型サイズのキジハタはスーパーで出会うことは難しいようです。

キジハタの旬の時期はいつ?

キジハタの旬は夏で5月~8月頃といわれています。
さらにキジハタにとって夏は産卵期でもあります。
一般的に味が落ちるといわれている産卵期直後でも美味しくいただける貴重な魚です。

さらに年間を通して味が落ちない魚として知られています。
漁獲量の減る冬の時期でも安定した値段で取り引きされているので、1年中味も落ちず値段も安定しているとても稀な魚です。

サカマアプリは注文時に魚の下処理が頼めて、
最短で翌日にご自宅に届きます!
漁師さんから直送の獲れたて鮮魚を食卓に!
美味しい魚はこちらから!

キジハタはどのような料理で楽しむことができる?外食の値段は?

関西では「冬のフグ、夏のアコウ」といわれています。
これは夏のアコウの薄造りは、冬のフグに匹敵する美味しさを持っているという意味です。
そんなポテンシャルの高いキジハタ(アコウ)のおいしさを引き出す料理方法や、外食での値段をご紹介します。

刺身

高級魚をストレートに楽しむのはやはりお刺身が一番です。
脂がのりほんのりと桜色をした白身で、プリプリとした食感を楽しめます。
甘みもありながらさっぱりとしていて、クセのない上品な味わいの魚です。
こちらは旬の夏に召し上がるのがオススメです。

外食での料金は単品の一皿の場合900円~2,000円ほどです。
キジハタと他の魚との盛り合わせですと2,000円以上から取り扱いがあります。

寿司

弾力のあるキジハタを使ったお寿司は、かめばかむほどに甘みが出て酢飯との相性がバツグンです。

キジハタの握り寿司の外食での料金は500円~700円ほどです。
こちらは2貫での取り扱いの料金となっています。
やはり高級魚だけあってコースのある高級な寿司店で提供しています。

煮付け

白身魚の定番煮付けは、甘辛い煮汁とプリッとした白身が絶妙です。
キジハタの旨味をたっぷり含んだ煮汁まで楽しむことができます。

キジハタの煮付けの外食の料金は1,500円~5,000円ほどです。
瀬戸内海に近い地域で多く取り扱いがあり、おもに料亭で提供しています。
キジハタのサイズや仕入れ状況で値段がかわるため、来店前に店舗に確認するのがオススメです。

キジハタの値段についてまとめ

いかがでしたでしょうか?
今回、サカマでは以下のトピックについてご紹介してきました。

  • そもそもキジハタってどんな魚?
  • キジハタの値段相場はいくら?
  • キジハタの旬の時期はいつ?
  • キジハタはどのような料理で楽しむことができる?外食の値段は?

サカマでは、魚に関する様々な情報をご紹介しております。
よろしければ、ぜひ他の記事もご覧ください!

また、サカマアプリを利用すれば、実際に鮮魚を漁港から直接手に入れることもできます。
ぜひ、この機会にご利用ください。

iPhoneの方はこちらからダウンロード

Androidの方はこちらからダンロード

全国の魚がアプリで買える「サカマアプリ」

全国各地の漁港から直送の魚介は鮮度抜群!なかなか通常では手に入りづらい、産地でしか消費されないレアな鮮魚や貝などもスマホ一つであなたの家にお届け!
今日水揚げされた魚が、最短で明日の午前中にはお手元に!
自宅でも鮮度の良い魚を使いたい!漁師さんを応援したい!プロが扱うような魚を扱ってみたい!など様々なあなたのニーズにお応えします。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事