おすすめ記事
【2022年最新】アマダイの値段相場はどれくらい?旬の時期・人気の調理方法もご紹介

そもそもアマダイってどんな魚?

アマダイは、漢字で書くと「甘鯛」と書きます。

一見鯛の仲間かと思いますが、その実態は「スズキ目スズキ亜目アマダイ科アマダイ属」であり、スズキの仲間です。
28種類存在していて、その中でも主に日本で流通しているのはアカアマダイ・シロアマダイ・キアマダイの3種類です。

簡単に特徴をまとめると、

  • アカアマダイ:全体が赤色、ヒレの一部が青色です。
  • シロアマダイ:他のアマダイに比べて白っぽいです。
  • キアマダイ:顔と尾の部分が黄色いです。

日本で一番水揚げされる量が多いのはアカアマダイで一般的にアマダイというのはアカアマダイのことを言います。

アマダイの値段相場はいくら?

アマダイは高級魚といわていますが、それはなぜなのでしょう。

アマダイの水揚げシェアを見てみます。

アマダイの全国水揚げシェアトップ3

  • 1位 山口県 23.6%
  • 2位 長崎県 22.2%
  • 3位 島根県 10.1%  (2019年)

すべて日本の西側ランクインしています。
アマダイは他のサカナよりも鮮度が落ちやすいため、昔は関東方面では珍しく、ほとんど出回ることがない高級魚だったようです。

アマダイの値段と味はシロアマダイ・アカアマダイ・キアマダイの順番で高級かつおいしいといわれています。
アカアマダイ、シロアマダイはともに高級魚とされているので、市場では1kgあたり数千円単位で取引されていることも珍しくありません。

市場での値段相場

アマダイの卸売価格は1年で周期的な変動があります。
豊洲市場の2016年~2020年の平均値は12月がもっとも高く、もっとも安い6月に比べて7割ほど値上がる結果となりました。
価格の幅は1㎏あたり3,000円~5,000円ほどです。

ちなみに2021年10月14日の豊洲市場のアマダイの1㎏あたりの卸値は高値が3,240円安値が2,160円でした。

通販/スーパーでの値段相場

アマダイはインターネット通販やスーパーでも手に入ります。
通販ではおよそ500gくらいで2,000円前後、1匹で大きいものになるほど値段がグッと上がります。

旬の季節になると1匹当たり1㎏を超えてくると10,000円ほどにもなる高級品です。

スーパーではアマダイがパックに入って売られています。
スーパーのアマダイは小さいのでそれほど高価ではなく、安いと1匹あたり数百円で手に入ります。

40cm以上の大きなサイズの値段相場

旬の季節になると1匹当たり1㎏を超えてくると10,000円ほどにもなる高級魚アマダイ。
小さいものはスーパーでも手に入りますが、40㎝以上の大きなものは高級料亭などに卸され、スーパーにほほとんど流通しません。

特にシロアマダイは、「幻の甘鯛」といわれるほどです。
鮮度にもよりますが、市場価格で1kgあたり15,000円以上、高いものは50,000円もするような高級魚だそうです。

アマダイの旬の時期はいつ?

アマダイは年中売られている魚です。
特に8月から12月にかけて市場に多く出回ります。

アマダイのは夏~冬が旬の時期です。
そのうちでもアカアマダイは夏から秋にかけて、シロアマダイは秋~冬にかけてが脂がのっておいしい旬といわれています。

アマダイの中で一番の高級魚とされている若狭のアマダイは8月~10月にかけて旬が訪れます。

サカマアプリは注文時に魚の下処理が頼めて、
最短で翌日にご自宅に届きます!
漁師さんから直送の獲れたて鮮魚を食卓に!
美味しい魚はこちらから!
 

アマダイはどのような調理方法で楽しむことができる?外食の値段は?

アマダイの料理は昆布締め、湯引き、刺身、塩焼き、潮汁、松笠揚げなどたくさんあります。
アマダイは外食をするとなると、時期にもよりますが、

塩焼きで1,300円~5,000円、コース料理で13,000円~16,000円というのが相場のようです。
料亭で出される料理だと場所代も入っての料金だと思いますが、なかなか値が張ります。

ここではご家庭でもできそうなアマダイの料理を2種類ご紹介します。

刺身

新鮮なアマダイであれば、生で食べることができます。
旬の時期であれば、とても脂がのっていて甘さを味わえます。

定番のお醤油はもちろんのこと、ポン酢、柚子胡椒、塩などで食べるのもおすすめです。

塩焼き

アマダイの調理の中で一番簡単にアマダイのおいしさを味わう方法です。
調理する前に塩を振ってアマダイの身から水分を抜くと、旨味が増します。

アマダイは身がやわらかいので崩れないように焼く前に串打ちをしておきましょう。

アマダイ の値段についてまとめ

いかがでしたでしょうか?
今回、サカマでは以下のトピックについてご紹介してきました。

  • そもそもアマダイってどんな魚?
  • アマダイの値段相場はいくら?
  • アマダイの旬の時期はいつ?
  • アマダイはどのような調理方法で楽しむことができる?外食の値段は?

サカマでは、魚に関する様々な情報をご紹介しております。
よろしければ、ぜひ他の記事もご覧ください!

また、サカマアプリを利用すれば、実際に鮮魚を漁港から直接手に入れることもできます。
ぜひ、この機会にご利用ください。

iPhoneの方はこちらからダウンロード

Androidの方はこちらからダンロード

全国の魚がアプリで買える「サカマアプリ」

全国各地の漁港から直送の魚介は鮮度抜群!なかなか通常では手に入りづらい、産地でしか消費されないレアな鮮魚や貝などもスマホ一つであなたの家にお届け!
今日水揚げされた魚が、最短で明日の午前中にはお手元に!
自宅でも鮮度の良い魚を使いたい!漁師さんを応援したい!プロが扱うような魚を扱ってみたい!など様々なあなたのニーズにお応えします。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事