おすすめ記事
漁師の努力「神経〆」~ジョージのつぶやき~

こんにちは。ジョージです!

今回は前回に引き続き、漁師さんの努力のお話です。
前回は「活〆」、今回は「神経〆」です。

前回の「活〆」についての記事を読んでないよ!って方は、ぜひお先にご覧ください。

さて、「神経〆しんけいじめ)」という言葉は、普通に生活していてもなかなか耳にすることはないと思います。

前回の「活〆」は、居酒屋さんや回転寿司などでも目にすることが増えてきましたが、なかなかメニューに「神経〆」と書いているお店はまれだと思います。

鮮魚の処理を段階に分けるとしたら、「神経〆」は、「活〆」のその先です。

前回、活〆は

「脳をお魚が暴れることなく即死させることで、体内にエネルギー(=旨味)を残すことができる」

と説明しました。

神経〆は、「魚の中で一番太く長い骨に沿って走る、神経を壊すこと」です。

・・・( ゚Д゚)ハァ?

まあそうですよね。神経を壊して何がいいの??イジメ??
⇒違います。

活〆が生きた状態のお魚を殺すということだったことに引き続き、なんだか、またまた物騒な感じがしますね。。

何のために、そんなことをするかというと、ズバリ!

「死後硬直を遅らせるため」

です。

死後硬直ってなに??という方は、刑事もののドラマを見てください。

さらに神経〆をm、細かく前回になぞらえて言うならば、

「神経を壊し死後硬直を遅らせることで、エネルギー成分(=旨味)を残すことができる」

これが神経〆を行う意味になります。

活〆からさらにプラスしての処理、というのがなんとなく分かっていただけたでしょうか?

島根県浜田産 活〆神経抜きマハタ
市場では「神経抜き」と書かれていることも多いです。

私は、神経〆は活〆に対してのオプション、という位置づけで考えています。

神経〆は、人によってやり方はまちまちで、鼻の孔からワイヤーを入れる人、活〆する際に開けた脳の穴からワイヤーを入れる人、尻尾を切ってそこからワイヤーを入れる人、水圧や空気圧で神経を圧迫する人。。

活〆もそうですが、神経〆のやり方も、人や魚、はたまた市場のルールや値段の付け方によって変わることもあります。

場合によっては神経〆をしたことで、魚の価値を下げてしまう場合もあります。

(市場によってルールや評価方法が違うのもすごく面白いのですが、今回は割愛)

最近では、漁師さんでもこだわって魚を処理して、自身のブランドを高めたりするような動きも広がっています。

1本釣りで釣ったお魚のすべてを、船の上で活〆と神経〆をするなんて人もいます。

言葉にすると簡単なようですが、これってかなり大変なことなんです。

(漁法によってもいろいろな違いがあり、向き不向きもありますので、別の機会に記事を書きます)

活〆もそうですが、荒れ狂う海の中で神経〆なんて神業としか思えません。
ちなみに私は、不器用で目も悪いため絶望的に神経〆が下手くそです。。

ほんとに海の上でがんばる漁師さんには頭が上がりません。。!

次回は血抜きについて話したいと思います。

ぜひコメント、シェアお待ちしております!!

全国の魚がアプリで買える「サカマアプリ」

全国各地の漁港から直送の魚介は鮮度抜群!なかなか通常では手に入りづらい、産地でしか消費されないレアな鮮魚や貝などもスマホ一つであなたの家にお届け!
今日水揚げされた魚が、最短で明日の午前中にはお手元に!
自宅でも鮮度の良い魚を使いたい!漁師さんを応援したい!プロが扱うような魚を扱ってみたい!など様々なあなたのニーズにお応えします。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事