おすすめ記事
漁師の努力「活〆」~ジョージのつぶやき~

こんにちは!ジョージです!

さて、今回の内容はなにやら難しそうな内容ですが、サックリと話していきます。

まず「活〆」ですが、これは「いけじめ(いきじめ)」と読みます。
最近では、「かつじめ」と読む人もいますね。筆者もどちらかというと後者派です。

この「活〆」は読んで字のごとく、「きた状態のお魚をる(殺す)」という意味です。

なんだか殺すというと残酷な感じがしますね。。
しかし、ここにはちゃんとお魚を〆る意味があるから行われる処理なのです。

一方でそれに対して、「野〆のじめ)」という言葉があります。
これは活〆とは違い意図的殺したわけではなく、すでに死んでいた、死んでしまった、という意味です。
(略してノジ、とか言ったりもします)

世の中の多くのお魚は、この「野〆」のお魚だといっても過言ではありません。

4/12水揚げ 北海道熊石産「船上活〆サクラマス」

上の画像に、「船上活〆」と書かれていますね。
船の上で、〆るって難しいんです。

想像してみてください。荒れ狂う海の上で、下を向いて魚を〆る。。

(一一")ゲプッッ。。

想像しただけで、気持ち悪くなってきました。

そんな中で、日々いいお魚を出そうとしている漁師さんには頭が上がりません。。
そこまでして、お魚をもっとおいしくさせるための方法が「活〆」なんです。

「お魚が暴れることなく即死させることで、体内にエネルギー(=旨味)を残すことができる」

これが「活〆」をする大きな意味になります。

詳しく話すと長くなるので、またの機会にお話しできればと思います。
かなりアバウトですが、野〆との違い、分かっていただけたでしょうか?

4/12水揚げ 千葉県銚子散産 活〆神経〆ヒラメ

先ほど、世の中の大半のお魚が「野〆」と言いましたが、決して「野〆」が悪いわけではありません。

世の中にはいろんな漁法があります。
定置網や刺し網、巻網、釣り、、

漁法や、規模によって水揚げされる量は当然かなり違います。
自然相手に仕事をしている漁師さんは大漁の日は大漁の日で、不漁の日は不漁の日で悩まされることもあります。

そんな中ですべてのお魚に「活〆」することは現実的にはほぼ不可能です。
(例外もありますが、ここでは割愛)

「活〆」されて出回るお魚は当然のことながら「野〆」のお魚より相場は高いです。
でもそれだけ漁師さんが、手間と暇をかけている努力の賜物なんです。

この記事で、少しでも漁師さんの努力が伝われば幸いです。。!

ぜひこの記事がいいね、と思ったらシェア、コメント大歓迎です!

次回の記事もお楽しみに!

全国の魚がアプリで買える「サカマアプリ」

全国各地の漁港から直送の魚介は鮮度抜群!なかなか通常では手に入りづらい、産地でしか消費されないレアな鮮魚や貝などもスマホ一つであなたの家にお届け!
今日水揚げされた魚が、最短で明日の午前中にはお手元に!
自宅でも鮮度の良い魚を使いたい!漁師さんを応援したい!プロが扱うような魚を扱ってみたい!など様々なあなたのニーズにお応えします。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事