おすすめ記事
魚の旅 in 愛媛

こんにちは〜!

友達がこのブログを見てくれたということで、久しぶりに投稿しました。

 

今回は、以前行った愛媛県の魚について書きたいと思います。

↑愛南町の海。右に見えるのがマグロとスマの生簀。

 

愛媛では、松山と愛南町を訪れました。

愛南町では魚の養殖が盛んで、たくさんの生簀が海に設置されています。

 

僕は今回特別に、「スマ」という魚の養殖生簀の見学に行ってきました!

スマはサバ、カツオなどの仲間で、マイナーな魚なのですが、最近養殖が始まったんです。

 

僕の1番好きな魚でもあります!

 

全身トロと言われるこの魚、愛南町では「媛スマ」というブランド名で養殖されており、さらに脂がのったものは「媛貴海」と呼ばれます。

スマはとても速いスピードで泳ぐため、生簀の中で網にぶつからないように生簀は丸くなっているんです。

こちらがスマです。

背中には虫食い模様、腹にはヤイトという別名の由来にもなった、黒い斑点があるのが特徴。

このスマは、傷をつけないように生簀から一本釣りで水揚げされます。

 

海から帰ったら、定食屋さんでスマ定食をいただきました。

身は真っ白で、たっぷり脂がのっています!

口に入れると、トロッと溶けていきます。美味しい!

 

 

愛南町を後にし、次は松山に向かいます。

↑ちょっと寄り道して食べた太刀巻き。竹にタチウオの身を巻きつけた宇和島の郷土料理。

タレが香ばしく、タチウオの身がほろっとしていてとても美味!!

 

 

 

そして松山に着くと愛媛名物、鯛めしを食べました!

こちらです。

マダイの味がご飯にしみていて、すっごく美味しかったです!

 

鯛めしには松山風と宇和島風があり、上の写真は松山風です。

 

ちなみに、宇和島風も食べました。

めっちゃ美味しい!

 

宇和島風は、タレと生卵を混ぜたものにマダイの刺身を絡めて、ご飯の上に乗せて食べます。このタレとマダイの刺身がとてもよくご飯に合います。

 

松山風との1番の違いはマダイが生だということ。

 

松山風とは違った美味しさがありました。

 

鯛めしを食べて、空港に向かいます。これにて愛媛の旅は終了。

 

 

愛南町の「媛スマ」「媛貴海」は愛南町のいくつかのお店で食べることができます。

 

また、愛南町のふるさと納税でも手に入れることができるので、ぜひ一度ご賞味ください!

 

全国の魚がアプリで買える「サカマアプリ」

全国各地の漁港から直送の魚介は鮮度抜群!なかなか通常では手に入りづらい、産地でしか消費されないレアな鮮魚や貝などもスマホ一つであなたの家にお届け!
今日水揚げされた魚が、最短で明日の午前中にはお手元に!
自宅でも鮮度の良い魚を使いたい!漁師さんを応援したい!プロが扱うような魚を扱ってみたい!など様々なあなたのニーズにお応えします。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事