おすすめ記事
僕の冬休み  ~宮島にて~
ボクと魚の交換日記〜愛するサカナくんたちへ〜

あけましておめでとうございます!

今年もよろしくお願いします。

冬休みは、山口県の祖父と、宮島に行きました。

今日はその宮島のことを書きます。

                                                       ( 鹿かわいかったなぁ・・・)

宮島では、宮島水族館に行ってみました。

宮島水族館には、瀬戸内海に生息する生き物がたくさん展示されていました。

これは、カキいかだの水槽です。

広島で有名なカキの養殖の様子を、間近に水中から見ることができます。

たくさんのカキが連なっています!

殻にコケなどが生え、まるで岩がたくさんある様にも見えますね。

水槽の中には、他にもタカベ(写真の青と黄色の魚)やアオリイカもいて、水面から水中のぞきメガネで見ることができました。

タカベは塩焼きにすると美味しい魚です。

宮島といえばやっぱりアナゴですね~。

マアナゴ水槽もありました。

アナゴは塩ビパイプなどの暗く狭いところが大好きで、この様にみんなでくっつきあって筒に入っています。

その習性を利用して、海底に筒を沈めてそこに入ったアナゴを取るという、「アナゴ筒漁」

という漁が行われています。

底引き網に比べ、魚体に傷がつかないのが特徴です。

そして、アナゴといえば、宮島口で宮島名物のアナゴ飯をたべました。

と~っても美味しかったです!!

他にも、瀬戸内海を思わせる生き物がいました。

マダコです。

たくさんの蛸壺の中に三匹タコがいますね。

タコは「頭足類」という仲間に分類され、その名の通り「頭」の下に「足」が付いています。タコの頭とは、上についているまあるい袋の様な所ではなく、その下の目のあるところです。

そして、間違える方が多いですが、頭の上についている袋の様な所は、タコの「お腹」です!

水族館には他にもオニカマスやナベカ、タチウオなどたくさんの生物がいました。

宮島に行った時には是非立ち寄ってみてください!

全国の魚がアプリで買える「サカマアプリ」

全国各地の漁港から直送の魚介は鮮度抜群!なかなか通常では手に入りづらい、産地でしか消費されないレアな鮮魚や貝などもスマホ一つであなたの家にお届け!
今日水揚げされた魚が、最短で明日の午前中にはお手元に!
自宅でも鮮度の良い魚を使いたい!漁師さんを応援したい!プロが扱うような魚を扱ってみたい!など様々なあなたのニーズにお応えします。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事