おすすめ記事
いか釣り漁業


いか釣り漁業(農林水産大臣承認漁業・届出漁業、知事許可漁業、自由漁業)
いかの、光に集まる習性を利用して行う漁。釣り糸をいか釣り機などで漁船に巻き上げて、釣り
上げる漁法です。
沖合イカ釣り漁業は、30~138tの漁船を使用し、夜間集魚灯に集まるイカを自動イカ釣り機によって漁獲する漁業。急速凍結装置をもたない30~60t型漁船は、近距離漁場で漁獲されたスルメイカを船上で魚函に氷詰めし、1航海(1週間以内)後、最寄りの港に「生イカ」として水揚げする。
急速凍結装置をもつ60t以上の漁船は、漁獲したスルメイカを船内で急速凍結して船内冷凍庫に保管し、魚倉が満杯になると基地港に戻り「船凍イカ」として水揚げする。

●漁獲物 : スルメイカ、ケンサキイカ、ヤリイカなど

出典元:長崎県水産部ホームページ

 

全国の魚がアプリで買える「サカマアプリ」

全国各地の漁港から直送の魚介は鮮度抜群!なかなか通常では手に入りづらい、産地でしか消費されないレアな鮮魚や貝などもスマホ一つであなたの家にお届け!
今日水揚げされた魚が、最短で明日の午前中にはお手元に!
自宅でも鮮度の良い魚を使いたい!漁師さんを応援したい!プロが扱うような魚を扱ってみたい!など様々なあなたのニーズにお応えします。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事