おすすめ記事
たこつぼ漁業


たこつぼ漁業 (知事許可漁業または免許漁業)
漁獲される魚 :タコ
漁船から、ロープでつないだタコ壺を海にながし、2〜3日後に引き上げる漁法です。
タコは、体を保護する殻を持っていないので、普段は身を守るために岩場の隙間に潜んでいます。潮が緩くなる時間帯になると、岩場から出てきて小魚、貝、蟹などを捕獲します。そして潮が変わると、また岩場の隙間に隠れる習性があります。
隠れる場所の少ない砂地はタコにとっては非常に危険な場所です。そこにタコ壺を落としておけば、タコは絶好の隠場を見つけたとこれ幸いと入ってきます。
海底からタコ壺を引き上げる際に、タコは逃げる事はせずに壺の中でじっとしています。
これが、たこつぼ漁業の原理です。
タコ壺漁は非効率であるために現在はほとんど行われていません。
現在は主で行われている網漁ではタコは傷つき傷みやすいため、タコを傷つけないタコ壺漁で採れたタコは珍重されます。

出典元:長崎県水産部ホームページ

全国の魚がアプリで買える「サカマアプリ」

全国各地の漁港から直送の魚介は鮮度抜群!なかなか通常では手に入りづらい、産地でしか消費されないレアな鮮魚や貝などもスマホ一つであなたの家にお届け!
今日水揚げされた魚が、最短で明日の午前中にはお手元に!
自宅でも鮮度の良い魚を使いたい!漁師さんを応援したい!プロが扱うような魚を扱ってみたい!など様々なあなたのニーズにお応えします。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事