おすすめ記事
鮎魚女(アイナメ)


アイナメの身は脂身が多いので「アブラコ」、「アブラメ」などと呼ばれています。
ごつい魚体とは裏腹に「愛魚目」、「鮎魚女」など艶な名前も持っています。
姿がアユに似ている為、「鮎なみ」が転じてアイナメになったと言う説。
鮎と見た目が似ているからではなく、鮎のように縄張りを持つ習性のため、「鮎のような魚」と言う意味で「鮎なみ」転じてアイナメになったとも言われます。
鮎の様に滑らかな味わいや、「愛」→愛でること・賞味することから、「賞味をするべき美味しい魚」といういわれがあります。
身は美しい純白で、潮汁にするとさらっとした汁の上に脂が上品に漂い、深い旨みが存分に楽しめます。
ゴマ油のソテーやムニエルも上品な美味しさです。
福島県相馬の「アイナメの味噌たたき」は郷土料理として有名。
三枚におろし、皮をひいたアイナメの身と味噌をあわせ、包丁でたたくと言う簡単なもので、「鯵のなめろう」より、ねっとりとしてとても美味しいです。
画像出典元:http://new-newton.blog.so-net.ne.jp/2010-02-09

全国の魚がアプリで買える「サカマアプリ」

全国各地の漁港から直送の魚介は鮮度抜群!なかなか通常では手に入りづらい、産地でしか消費されないレアな鮮魚や貝などもスマホ一つであなたの家にお届け!
今日水揚げされた魚が、最短で明日の午前中にはお手元に!
自宅でも鮮度の良い魚を使いたい!漁師さんを応援したい!プロが扱うような魚を扱ってみたい!など様々なあなたのニーズにお応えします。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事