おすすめ記事
トビウオ


トビウオの語源は字のごとく「飛ぶ魚」からきています。
飛ぶ姿が勇ましいトビウオ、見たことがある方もいらっしゃることだと思います。
英名でも「フライングフィッシュ」と呼ばれ、日本では、単に「トビ」と呼ぶ土地も多く、九州や日本海側では「アゴ」とも呼ばれます。
飛魚は魚類で唯一空を飛べる魚で、尾びれで水面をたたき、胸ビレを広げて飛翔し、そのまま滑空します。
10mの高さに飛び跳ね、距離にして400m、42秒飛行したという記録も認められています!
飛魚は世界に50種以上、日本近海にも30種近く生息し、春が旬の春トビと夏が旬の夏トビの二つのグループに分けられます。
しかし、一般に多く流通しているトビウオは、夏が旬と言ってでしょう。
ダツの種に属する魚で、太平洋、インド洋、大西洋の亜熱帯から温帯の海に生息しています。
飛ぶ魚であることもあり、内蔵の比率が少なく、鮮度がおちにくい魚です。
くさや、ダシ用の干し物、蒲鉾、ちくわなどの原料にされ、寿司ネタの「とびっこ」は飛魚類の卵。近年、多くは台湾・インドネシアなどから輸入されています。
また、トビウオは脂が少ないので、刺身にするとトビウオ本来の味と旨さが存分に楽しめます。
ワサビよりも生姜とネギが合います。
新島や八丈島ではトビウオをくさやの原料に使用します。
房総半島ではなめろうの原料として使用されています。
画像出典元:http://d.hatena.ne.jp/teitarakuen/20140325/p1

全国の魚がアプリで買える「サカマアプリ」

全国各地の漁港から直送の魚介は鮮度抜群!なかなか通常では手に入りづらい、産地でしか消費されないレアな鮮魚や貝などもスマホ一つであなたの家にお届け!
今日水揚げされた魚が、最短で明日の午前中にはお手元に!
自宅でも鮮度の良い魚を使いたい!漁師さんを応援したい!プロが扱うような魚を扱ってみたい!など様々なあなたのニーズにお応えします。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事