おすすめ記事
若鮎


日本で最も愛されている淡水魚ではないでしょうか。
岩についた藻を食べるため独特の香りがします。
キュウリの様なスイカの様な香り。このため、「香魚(あゆ)」とも書き、「こうぎょ」とも呼ばれます。
また、1年で一生を終えるため「年魚」とも書く。
ときの芸術家、北大路魯山人は若アユについて「ちょっとあぶって食うと、実に調子の高いうまさが舌になじむ」と評していました。
若アユは骨まで軟らかく、丸ごと食べられます。
また、若アユの時期は大変短く、およそ一カ月間の間です。
甘い身とほろ苦いワタの混ざった味は格別で、若鮎ならではの味わいを楽しむことが出来ます!
画像出典元:http://blog.livedoor.jp/eijijapan/archives/3159543.html

全国の魚がアプリで買える「サカマアプリ」

全国各地の漁港から直送の魚介は鮮度抜群!なかなか通常では手に入りづらい、産地でしか消費されないレアな鮮魚や貝などもスマホ一つであなたの家にお届け!
今日水揚げされた魚が、最短で明日の午前中にはお手元に!
自宅でも鮮度の良い魚を使いたい!漁師さんを応援したい!プロが扱うような魚を扱ってみたい!など様々なあなたのニーズにお応えします。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事