おすすめ記事
北海マダコ(水ダコ)


冷たい北海道の海で育ったマダコの身は筋肉質で、とてもいい歯ごたえが楽しめます。
ゆでたこにすると筋肉の食感と旨さがたまらなく美味しいです。
タコの種類は多く、世界には200種以上、日本近海だけでも30種以上生息しています。
日本で馴染みがあるのは、マダコ、イイダコ、そして、このミズダコです。
タコはその風貌から、食べる国は限られています。
日本、スペイン、イタリア、ギリシャ、韓国、東南アジア。
タコの旨さは歯ごたえのいい筋肉質な肉以外に、甘みの成分になるグリシンやべたインが含まれています。
また、タウリンも豊富で血中コレステロールを下げたり、インシュリンの分泌促進、銅によりヘモグロビンを作るなど、栄養成分がたっぷりあります。
画像出典元:http://blog.goo.ne.jp/hmaekawa1941/m/200511

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事