おすすめ記事
猛者エビ(クロザコエビ)


北陸地方で主に食されている「殻が茶色」のエビです。
脱皮したての、殻の柔らかいソフトシェルタイプです。
正式名称をクロザコエビといい、山陰地方では『もさ海老』『白えび』と呼ばれます。
殻付きで素揚げしてバリバリ食べられます。
殻が柔らかいので、丸揚げ・丸焼きで美味しいです。
北陸では甘エビよりも好まれており、甘エビよりも甘いという人も珍しくありません。
日本海特有の海老で、見た目よらず、身は「甘えび」以上に甘味があり、トロリとした味わいで、
刺身にすると甘くぷりっとした身が楽しめます。
小さいものはから揚げにすると殻ごと食べられ香ばしい旨さがあります。
塩焼きやみそ汁、天ぷらもクセがない、しっかりした深い旨みが楽しめます。
画像出典元:http://shichikamaso.com/season/

全国の魚がアプリで買える「サカマアプリ」

全国各地の漁港から直送の魚介は鮮度抜群!なかなか通常では手に入りづらい、産地でしか消費されないレアな鮮魚や貝などもスマホ一つであなたの家にお届け!
今日水揚げされた魚が、最短で明日の午前中にはお手元に!
自宅でも鮮度の良い魚を使いたい!漁師さんを応援したい!プロが扱うような魚を扱ってみたい!など様々なあなたのニーズにお応えします。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事