katuo

の値段は今日500円だったとしても、明日には1000円と大きく変わることがあります。魚の値段が大きく変動するのには、どのような理由があるのでしょうか。

魚の相場は需要と供給で決まる

魚の値段は魚の良し悪しではなく、需要と供給で決まります。そのためどれだけ高品質で美味しい魚がとれたとしても、セリで魚を購入する側のニーズがなければ安くなってしまうのです。反対に、飲食店など購入者側が欲しいと思っても魚の入荷数が少ないとセリによってどんどん魚の値段が高くなります。このようにして魚の値は日々変化していくのです。

魚の入荷量が変動する理由

魚の値段の変動には、魚の入荷量が大きく影響します。魚の入荷量は、常に一定ではありません。天候や気圧、潮などが関わってきます。好条件で漁をすれば当然のことながら、魚の入荷漁は増えますから魚の値段は安くなります。旬の魚が安くなるのも、市場に多く出回るからです。しかし、潮が悪かったり、台風などで漁に出なければ魚の入荷量は減少し、必然的に魚の値段が高くなるのです。

価格の逆転現象による変動

魚の価格が変動するのには、他にも理由があります。本来、魚は産地に近ければ近いほど価格が安くなります。しかし、漁師の方々が売れる場所に魚を卸すことで、現地に卸す魚の量が減ってしまいます。このことによって、本来なら安く購入出来る産地の魚が、適正価格よりも価格が上昇する現象が起こってしまうのです。価格の逆転現象による変動は、鮮魚業界ならではの特徴といえます。

SAKAMAは鮮度の良い魚が手軽に取引出来る仕入れ専用チャットアプリです。SAKAMAを使用することで、魚を売りたい販売者と、魚を手軽に発注したい飲食店が直接つながりますので、全国の鮮魚を効率良くお届けすることが出来ます。また、仕入管理の情報一括データ化して複数の相手先へ同時に送信することも出来ますので、卸業者や飲食店に連絡を行う際もスムーズです。鮮魚仕入システムや仕入管理のことなら、ぜひ仕入れ専用チャットアプリのSAKAMAをご活用ください。

Written by 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)