namazakana_web_600

日本で食用として流通しているは300種類を超えるといわれるほど、私たちの食生活に浸透しています。古くから親しまれている魚は、日本人にとってどのような存在なのでしょうか。

昔から身近な存在

日本は四方を海に囲まれた島国で、四季折々の新鮮な魚や貝類、海藻類などが手に入りやすい環境にあります。そのため、魚は昔から私たちの食生活に深く根付いた身近な食材となりました。江戸時代の書物である「本草歌」には、健康のためにイワシがどれだけ役立つのかが記載されているほどで、当時の豊かな魚食文化がうかがうことが出来ます。また、奇跡の戦後復興や高度成長を成し遂げた日本人にとっても、魚は生活を豊かにするために欠かせないものでした。

貴重な栄養源

魚や貝類、海藻類などの水産物には、体に必要なタンパク質やカルシウム、ビタミン、ミネラルといった大切な栄養素が豊富に含まれています。中でも魚肉のタンパク質は、畜肉と比べても基質タンパク質と呼ばれるスジが少なく、消化されやすいという特徴があります。世界的に見て日本人の平均寿命が長いのは、栄養や機能性に優れた水産物を、日常的に取り入れてきたからだとも考えられているのです。

お祝い行事にも重宝されている

魚は様々なお祝い行事にも活用されています。例えば、おめでたいハレの日に食べる料理には鯛を、正月には数の子や海老、鮪、烏賊などを食べる食文化は、魚離れが進むといわれる現代でも続いています。このように、魚をはじめとする水産物は私たちの暮らしに深く関わっており、様々な習わしの中にも数多く見ることが出来ます。あらためて、日本人にとって魚とはとても身近で大切な食材であることが分かります。

今や魚は和食のみならず、洋食にも欠かせない食材でもあります。SAKAMAでは、手軽に鮮魚仕入れたい飲食店と鮮魚販売車を繋ぐ仕入れ専用チャットアプリを提供し、日本人が大好きな全国の鮮魚を、全国の消費者へ効率よくお届けいたします。スマホで簡単に受発注が行えますので、飲食店や鮮魚販売者の方で仕入れシステムの導入をお考えでしたら、SAKAMAの仕入れ専用チャットアプリをぜひご利用ください。

Written by 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)