ryoushi_meshi_web_big

漁師めしと聞くと漁船の上や、漁港に帰って獲れたての魚介で料理される豪快なご飯を連想しますね。テレビなどで漁師めしが紹介されると、船上で刺身として食べるシーンも多くみられます。また、港に戻ってから、漁師の奥様方が集って、海岸で豪快に魚介をさばき、いろんな調理方法で、漁師めしを紹介されます。

漁師めしのいいところは気取ることなく、新鮮な魚介を豪快にその土地特有の調理法で食べられるところでしょう。その地域その漁場によって獲れる魚も違います。もちろん季節によっても大きく違いはありますね。

漁師めしはその漁場でとれる旬な魚介の、しかもその良さを知り尽くした漁師さんが作る食事です。魚を知り尽くしたプロが引き出す旨味です。想像しただけでもたまりませんね。

日本は四面、360度海です。海洋国日本万歳と叫びたくなります。太平洋には南から黒潮、北から親潮。日本海には南から対馬暖流、北からリマン海流があります。そこにはその海流に適した魚介が生息しているのです。まさに魚の宝庫ですね。

そして日本中、海に面したところには漁港が発達しています。その港、港で漁師の方が作る、うまい漁師めしがあるのです。ある意味漁師の人たちは大変贅沢な食事をしているのですね。一般の人は市場で見ることすらできないような魚も食べられるのですから。

昨今、魚離れのニュースを耳にします。日本の食事が欧米化されたのは久しいことですが、そのため戦前までは考えられなかったような病気が流行りだしました。動物の肉を食べる機会が多くなったためです。

動物性のたんぱく質は成長のため欠かすことのできない栄養素です。然し動物性たんぱく質を摂りすぎるから、脂肪分が高くなり、コレステロールも高まって、生活習慣病にかかってしまうのです。結果、恐ろしいがんや心臓病、動脈硬化、脳卒中の人が増えているのです。

人間は炭水化物・脂質・タンパク質の三大栄養素をバランスよくとることで健康が維持されるようにできています。日本食はこのバランスが取れた素晴らしい食事なのです。1尾の魚を取り上げただけでも、各部位ごとに違った栄養素が含まれており、ビタミンやミネラルを摂取することができる素晴らしい健康食品であるということを忘れないようにしましょう。

せっかく素晴らしい海洋国日本に住んでいるのですから、魚を見直しましょうよ。今まで肉食の多かった人も、健康のためにも素晴らしい魚を食べる機会を増やしましょう。
このブログSAKAMAから、漁師めしをはじめ、おいしい魚のあれこれをお届けしたいと思います。ご期待ください。

Written by 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)