コミュニケーションが円滑になることの利点

SAKAMAは、鮮魚販売業者と飲食店を直接つなぐ仕入れ専用チャットアプリです。販売者と購入者のコミュニケーションが円滑になることで、これまでの鮮魚流通では取り扱いのなかった魚や、鮮度の良い魚も手軽に取引が出来るようになりました。近年ではビジネスシーンにおいて様々なコミュニケーションツールが存在していますが、そもそもコミュニケーションが重要視されるのはなぜでしょうか。

流通システムがよりスムーズになる

一般的な鮮魚流通では、まず水揚げ産地から現地の仲卸業者が魚を買い付け、そこから全国の中央市場や地方市場へ振り分けられて、飲食店が小売業者に発注し、魚を届けるという流れになります。水揚げされてから手元に届くまでは、間に様々なやり取りが生じるため、どうしても時間を要するものです。しかし、急に特別な魚が必要になったり、飲食店や各施設のニーズが多様化していたりと、時には仕入れスピードが求められることもあるでしょう。魚屋に出向いて食材を調達する手間も省け、スムーズな仕入れシステムによりコスト削減も可能にする仕入れ専用チャットアプリSAKAMAは、これまでの鮮魚の仕入れをより簡単で快適なものへと導きます。

産地の情報を交換できる

飲食店では、仕入れ専用チャットアプリを活用することで日本全国の魚情報が届くだけでなく、都心部ではあまり見ないような、珍しくて美味しい魚も仕入れることが出来ます。
すると、お客様へ提供する際にも役立つ産地情報を得られたり、話題づくりにも役立つでしょう。また、卸業者にとっても産地の魅力をこれまで以上に伝えやすくなり、これまで流通が難しくてセールスを行なかった地域への情報提供など、ビジネスを拡大するキッカケづくりにもなるのではないでしょうか。

全国から質の良い魚を仕入れることが出来るSAKAMAは、競合店と差別化を図りたい飲食店の方、複数の相手先へ個別連絡の手間を省きたいという卸業者の方へおすすめの仕入れ専用チャットアプリです。双方のコミュニケーションを円滑にするツールとして、ぜひご利用ください。