飲食店では美味しい料理をお客様に提供するため、食材探しにお時間を費やされるかと思います。新鮮な食材を仕入れ、満足頂ける商品を提供する。このために費やされる仕入れ時間を少しでも短縮させることができれば、提供する商品力をさらに高めることが出来るかもしれません。仕入管理で業務の効率化を図りませんか?

これまでの仕入れスタイル

飲食店によっては直接食材探しに出向くこともあったでしょう。他にも電話注文で食材を手配する方法、ファックスを送って卸業者に発注をかけてきたかと思います。直接目で見て食材を選ぶのはこだわる部分のひとつです。電話注文やファックスも従来からある発注方法であるため、当たり前の存在となっています。近年はインターネットの普及もあり、ウェブを通して発注するスタイルも浸透しました。
これらの仕入れスタイルには欠点があります。電話注文やファックスであれば、卸業者の営業時間が終わってしまえば翌日営業日まで発注したことに気づいてもらえません。直接足を運んで仕入れするのも時間と労力がかかります。便利なインターネットの発注でも、仕入れ情報を正確に残すことができないかもしれません。これらの仕入れスタイルに変わって新しい仕入れスタイルが誕生しました。

新たな仕入れスタイルで仕入管理・業務も効率化

スマートフォンの登場によって、様々なアプリが誕生しています。これまでの発注業務は、購買依頼書の作成や仕入れ先の選定、注文書の作成など、ひとつひとつに対して取引先に渡す書類を準備する必要がありました。これらの作業も携帯ひとつでスムーズに行えるようになったのが、SAKAMAが提供する仕入れ専用チャットアプリです。手軽に食材を仕入れたい飲食店も、もっと手軽に食材を売りたい卸業者も、双方にメリットがある仕入れ専用チャットアプリなのです。飲食店では、仕入れ専用チャットアプリを使用することで受発注のやり取りが簡単に出来る、気になった商品や気に入った商品の即購入、毎日の仕入れデータを一括管理出来るなどのメリット。卸業者では、複数の取引先に対して仕入れ情報を共有することが出来る、最新の商品情報をリアルタイムで公開出来る、取引データの一括管理で今後のアプローチ方法も明確に出来るなど、多くのメリットが見込めると言えます。

SAKAMAでは鮮魚を専門とした、飲食店と卸業者を繋ぐ仕入れ専用チャットアプリを開発しました。新鮮なをいち早く仕入れるため、ぜひご活用ください。直接魚屋さんに足を運ぶ手間も省くことができ、これまでの仕入れデータを全て管理することができ、業務の効率化にお役立て頂けると確信しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)