従来、日本ではガラパゴス携帯(ガラケー)が主流でした。しかし、通信技術の発展に伴い、スマートフォンやタブレット端末のユーザー数が急増しており、現在ではガラケーの存在が薄れている状況です。また、スマートフォンが普及すると共に、「アプリ」という言葉を頻繁に耳にするようになりました。電話アプリやゲームアプリ、チャットアプリ、動画・音楽を再生するアプリ、画像加工のアプリなど様々なジャンルのアプリが多く開発されていますが、そもそもアプリとは一体何なのでしょうか。そこで、こちらではアプリに関する豆知識についてご紹介します。

アプリについて

多機能型携帯電話としても認知度が高いスマートフォン。アプリ目的でスマホを購入する方も多いですが、中にはアプリの意味について認識していない方もいらっしゃると思います。まず、アプリとは「アプリケーションソフトウェア(Application software)」を省略したものです。電話やメール、ゲーム、ブラウザなどOS上にインストールして利用するソフトウェア全般のことを意味しており、スマホをより便利に使うために役立つものです。

アプリとソフトの意味

スマホの登場により、アプリという略語が多くの人々に認識されました。しかし、本来はパソコンの世界から誕生した言葉で、パソコンやインターネットではソフトと省略されています。ワードの場合は文章作成アプリではなく文章作成ソフト、エクセルの場合は表計算アプリではなく表計算ソフトと呼ばれるのが一般的で、スマホとパソコンで呼び名が異なります。「アプリ?ソフト?それぞれ違いが分からない」と疑問を抱く方は多いですが、結論からいうと両者共アプリケーションソフトウェアの意味になります。

様々なシーンに大活躍のアプリ

なぜ、スマホが多くの人々に支持されているかご存知でしょうか。その理由のひとつに「アプリが使えるから便利」と答えた方が沢山いらっしゃいます。従来の携帯電話では通話やメールが主流でしたが、スマホが普及してアプリが使えるようになり、携帯の機能が飛躍的に進化したのです。また、現在では個人で所有する方はもちろん、スマホを利用して業務効率化を図る企業が増えています。一般企業をはじめ、飲食店でも幅広く使用されており、今後も様々なシーンでアプリの活躍が期待されています。

SAKAMA(さかま)は、手軽に鮮魚を仕入れたい飲食店さんと、手軽に鮮魚を売りたい魚屋さんを繋ぐ仕入れ専用チャットアプリです。電話やFAXで行っていた受発注のやり取りが、スマホで簡単に行えるため大変便利ですし、気に入った魚はその場で直ぐに発注出来ますので、飲食店の方々にとっては魅力的な仕入れ専用チャットアプリです。一方、鮮魚販売者の方々には、商品の写真や詳細情報が簡単にやり取り出来るため、商品の魅力を手軽に取引先へお伝えすることが出来ます。さらに、データ管理に関しても、複数の取引先との情報が一括管理出来ますので、仕入システムを導入したい方にはおすすめです。鮮魚仕入システムや仕入管理のことなら「鮮魚仕入れアプリSAKAMA(さかま)」をぜひご利用ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)