データ管理を電子化することのメリット

SAKAMAでは、仕入れ専用チャットアプリサービスを提供しています。鮮魚発注仕入れを、仕入れ専用チャットアプリを使用して行うことで仕入れ管理仕入れシステムをスムーズに行えます。また、スマホでの取引ならデータ管理もスマホで行えるので、ペーパーレスや省スペース化になります。こちらでは、請求書や納品書などのデータを電子化することのメリットを紹介していきます。

業務の効率化

電子化することで業務を効率化することが出来ます。伝票を使用する場合、発注する為の伝票起票、FAX送信、発注先からの返信などを経て入荷されます。商品入荷後は、入荷商品の伝票を入力する作業もあります。発注業務が電子化されるとこの流れが自動化され、一つ一つの作業がスピードアップします。そうすることで発注から入荷までに行う作業を大幅に短縮出来ます。また、電子管理なら伝票を紛失する心配もありません。

保管スペースを省スペース化

仕入れを電話やFAXで行う場合、発注用紙や仕入れ伝票・納品伝票などは「紙」でのやりとりとなります。仕入れデータは一定期間保管する必要があり、オフィスの一角を利用して保管しなければいけません。そのため、紙での管理となると多くのスペースを確保しなければいけません。スマホでの管理ならスマホ一つにデータが納まるので、限りあるスペースを有効に使うことが出来ます。

情報を簡単に共有・検索出来る

データを電子化すると情報を共有しやすく情報を探す時間も短くなります。紙ベースでデータを保管している場合、保管場所に足を運び、そこから必要な情報を一枚一枚見ながら探さなくてはならず時間がかかります。他の人が使っている場合は待ち時間も発生します。対して電子データの場合は、情報の検索がスムーズで閲覧も簡単です。情報を共有する場合、同時に閲覧することも出来て、ネットワークシステムを介すことで遠距離でも共有出来ます。情報を簡単に共有することで業務の効率アップにもつながります。

このように、SAKAMAの仕入れ専用チャットアプリサービスを利用することで、データ管理においても様々なメリットがあります。複数の取引先との毎日の取引データも、スマホなら一括で管理出来ます。商品写真や詳細情報も簡単に行うことが出来、魚屋の方は鮮魚の魅力を伝え、飲食店の方は情報収集を容易に行えます。どうぞご利用ください。