2015-03

春到来!金目鯛!

20150330kinme_web_big


記念すべき「さかな図鑑」の第一回目は、金目鯛についてご紹介します!

家の近くのスーパーで天然の金目鯛が並んでいました。
綺麗な赤い色がとても食欲をそそって、見た目もとても綺麗です!
金目鯛は、静岡県伊豆下田、千葉県銚子などが水揚げ港として全国に名を知られています。

運動量が豊富で身質の良い金目鯛は、高級料亭などでも使われる高級魚です。

深海にすむ魚には珍しく、急に引き上げても形が崩れない珍しい特徴があります。
また、起伏のある海域を好んで魚群をつくるため、底引き網などの漁法がとれず漁獲高も少なくなります。

実は、希少性が高い魚なのです。
一般的には、冬が旬と言われますが、多くの海流が流れる日本では春から初夏が旬という場所もあるのです。

金目鯛のおすすめの食べ方ですが、何と言っても一番人気は、煮付け。
その他にも、炊き込みご飯、お刺身、にぎりなどなど、脂が乗った金目鯛は、絶品です!
華やかな色彩を今日も食卓にいかがでしょうか?
BY SAKAMA-S

 

鰆(さわら)の旬は二つある!

swara_web_big


鰆には旬の時期が二つあります! 関東では12月から2月の冬の期間が旬とされ、 関西では3月から5月がの春が旬とされています。
なぜ、さわらには旬が二つ存在するのでしょう 本当に一番おいしい季節は?
魚に春と書いて、鰆(さわら)なので、一見は春が旬でいちばんおいしく食べれると思われがちですが、身が一番おいしい旬は実は冬です。
鰆は春になると瀬戸内海に産卵の為に集結するので、関西方面では沢山捕獲できる事からその時期が旬とされています。
しかしその産卵期には、身の栄養が卵や白子にいってしまい、身の脂や旨みは落ちてしまいます。
いっぽう、関東では『寒鰆』の時期、12月~2月を旬としています。 旬の冬には、白めの身に脂がたっぷりのっていて、とろける食感が絶妙です。
—————————————————
サワラとは スズキ目サバ科 主にアジやサバを主食とする肉食魚です。
体さごし⇒やなぎ⇒さわらと名前を変える出世魚で、体長70cm以上をサワラと言います。
名前の由来は、体調が長細く『狭い腹』から『狭腹(サワラ)』と呼ばれるようになりました。

 

出世魚といえば、スズキ!

20150330suzuki_web_big


春といえば、新生活をスタートされる方も多いのではないでしょうか。
そんな新生活も出世魚のように、スイスイと流れに乗れるよう、鱸(スズキ)の紹介をします!

スズキはブリやボラと同じように、幼魚から成魚までの間に何回か名を変えるため、出世魚として有名です。
背は青黒く、全体に銀白色に輝き、形はあくまでもスマートな流線形で、精悍な顔付きで第一背鱗の棘がピンと立っている姿は「鯛に次ぐ美魚」です!
ちなみにスズキは、
1.ヒカリゴ ・・・5cm前後で体が銀色に光って見える。
2.コッパ ・・・・当歳魚。小葉と書く。
3.セイゴ ・・・・2年魚。25cm前後。
4.フッコ・・・・・2~3年魚で30~40cm。関西では「ハネ」。
5.スズキ・・・・4年魚で60~70cm。1mにもなるものもある。
6.ハラブト・・・冬の産卵期を向かえた大物。腹太。
と名前を変えていきます。
スズキの旬は、一般的には6月〜8月といわれていますが、主に西日本では、秋から初冬にかけて産卵のために海からやって来る腹太スズキも子持ちで脂が乗っていて美味しいとされています。

食べ方としては、セイゴでは焼き物や煮物。スズキでは夏にあらい、刺身、
湯引きが有名です。
スズキのあらいは、昔は生臭みを除くために魚を良く洗っていたようで、
その名残という話もあります。
あらいを造るには、薄く刺身にした後、冷水で洗い、ふきんでふき上げ、梅肉か
わさび醤油で食べると美味しいです!
また、スズキの湯あらいは、スズキは皮が厚く、食べにくいが、湯あらいすることで、
少し歯ごたえのある皮目と表面の若干の脂がぬけた刺身となりこれもまた美味しく、おすすめです!!