飲食店にとって魚とは

飲食店にとって魚とは

kurodai

今の日本には多くの飲食店があり、中でも魚を売りにしている飲食店も少なくありません。
魚は野菜と同じように旬があるため、時期によって味や仕入れ量に変化があるなど、特徴的な食材です。多くの飲食店では、季節感の演出や他店舗との差別化を図るなど、魚の特徴を上手く生かす工夫がなされています。

季節感を演出する

日本は四季を大切にしている国です。旬の食材を使って料理をすることで食卓でも四季を感じられるのは、日本料理の魅力といえるでしょう。
人気のある飲食店では定番のメニュー以外にも、季節ごとのメニューが用意されています。これにより、お店のメニューに変化をもたらし、お客様に飽きずに来店してもらうことを目的としています。
魚は野菜と同様に旬があり、食材そのものが季節感を持っています。調理方法も刺し身にするだけでなく、煮たり、焼いたりとレパートリーが豊富なので、幅広い年代層のニーズに応えられます。
旬の魚はお値段もリーズナブルで、脂の乗りも良くなっているため味も格別です。その季節だけしか食べられない料理を提供することで、リピート率の向上にも役立ちます。

お客様のニーズに応えつつ他店との差別化を図る

魚を使った創作料理を提供して他店との差別化を図り、人気となったお店も少なくありませんが、飲食店の魚料理が人気な反面、現代は日本人の魚離れが問題となっています。
これは食の欧米化や、食事の選択肢が増えたことによって家庭で魚料理を作る機会が減ってきていることが理由とされています。それに加えて魚は下処理が難しく、調理に時間がかかる為、自宅で調理する方が減ってきているようです。
しかし、「魚離れ=魚料理が嫌い」というわけではなく、大日本水産会による調査によると、多くの消費者は外食する際は魚料理を食べたいという結果もでています。
飲食店では現在の消費者のニーズに応える為に、魚料理のメニューを豊富に取りそろえています。定番の魚料理以外にも、魚を使ったそのお店ならではの創作料理を提供することで他店との差別化をはかることが出来ます。

魚を売りにしている飲食店にとって、鮮魚の仕入れは売上を左右するものです。SAKAMAでは、飲食店と鮮魚販売業者をつなぐ仕入れ専用チャットアプリを提供しています。スマホを使って受発注が行えるので、毛ガニ金目鯛さわらメバルなど欲しいと思った魚をその場ですぐに発注できます。受発注のデータ管理も簡単に行える仕入れ専用チャットアプリです。ぜひ、鮮魚仕入れやデータ管理としてご活用ください。

2015-08-11 | Posted in 飲食店にとって魚とはNo Comments » 
Comment





Comment



日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)